深夜残業

時間外労働の定義

時間外労働という言葉を知っていますか。時間外労働とは、違う言い方をすると残業のことだったり、超過勤務や超勤なんて言い方もあります。決まった労働時間を越えて仕事をした時のことを、残業といい、割り増しの賃金が支払われます。

時間外労働になる場合

1日の労働時間が終わってから仕事をするのが、残業ですが、他にも残業になる場合もあります。例えば、昼休み中の来客や電話対応で、他に対応してくれる人がいなくて、休みが取れない場合なども該当します。

決まった時間外の会議や教育などもそうです。それが、自由に参加できるものでなくて、会社が強制的に参加させたものに関して、時間が過ぎた場合、会社のためだとはいっても、労働時間が過ぎた時間は残業になります。

では、着替えの時間はどうでしょうか。着替えが必ず必要な場合は、着替えの時間も労働時間になります。この他にも時間外労働なるケースはたくさんあります、労働時間をださなければ、残業代も請求できないので、注意してください。

時間外労働にならない場合

時間外労働にならない場合はどうでしょうか。通勤の時間は労働時間にはなりません。通勤時間が労働時間になってしまいますと、遠くから通勤している人ほど得することになり、社員のなかで平等になりません。

その他のケース

その他では、出張先への時間です。自分だけの出張ですと労働時間になりませんが、物を運んで行くことが主の場合はは労働時間になり、時間が過ぎれば残業手当が発生いたします。
残業に関しては裁判になるケースもあり、会社と人との間で難しいところがあります、労働基準法を学んで知っておくといいでしょう。

残業代請求の弁護士

千代田中央法律事務所では、残業代請求の無料相談を実施しております。未払い残業代の請求は、労働基準法により認められておりますので、問題なく請求可能です。心当たりのある方は、お気軽にご相談ください!