ベストケンコーには閉鎖された過去がある

ベストケンコーは海外から医療用医薬品を個人輸入できるサイトです。
そんなベストケンコーについて調べていると、「閉鎖」というキーワードが出てきます。
なので気になってベストケンコーの閉鎖について詳しく調べてみると、ベストケンコーは
以前は別の名前で個人輸入サイトを運営していたようです。
その時の名前は「ベストくすり」でこのベストくすりが閉鎖されたことで
ベストケンコーのキーワード群にも閉鎖が含まれているのではないかと思います。
ちなみに個人輸入代行サイトの閉鎖はよくあることです。
レジットスクリプトのようなオンライン薬局の監視団体がサイトを運営するための
ドメインレジストラなどに圧力をかけて閉鎖に追い込もうとするからです。
圧力がかかるのはドメインレジストラだけではありません。
例えば、サーバーやクレジットカード決済代行業者などにも及ぶでしょう。
レジットスクリプトの言い分としては日本国内の未承認薬の広告などを
行う行為は禁止されているのでそのための措置を取っているわけですが、
背景には大手製薬会社などの利権が絡んでいると言われています。
当たり前ですが、個人輸入で医薬品を安く購入することができると、
普通に考えて国内で処方箋をもらってまで高い薬を買おうと思いませんよね。
薬の値段なんて原価で考えると安いものなので個人輸入では安く購入できてしまいます。
このように高く薬が売れなくなってしまえば、製薬会社の収益が落ちるので
レジットスクリプトのような団体が監視しているわけですね。
まあ消費者からすれば安く手間なく処方薬が手に入る環境がいいですけどね。

関連;ベストケンコーの公式ログインURLとクーポン一覧