またまた出てきたオリンピックのネタ

とにかく、競技場の件やら、エンブレムの件やら、ドタバタ劇が続いた、東京オリンピック。
今回、またしても、怪しい話が出てきた。
なにやら、ワイロ?と思しきお金が、動いたらしいというもの。
フランス当局が、捜査を開始したとか、これからするとか。
とにかく、現代のオリンピックは、商業的にいろいろなことが絡んでくるから、陰でなにやら怪しい動きがあったとしても、不思議じゃない。
実際長野オリンピック招致の時も、過剰な接待があったとか、そういうことが、報道されて、ずいぶんと厳しくなったらしいけど、それでも、今回のような報道が、また出てくる。
どっちにしても、金額がデカすぎて庶民感覚では、なかなかついてゆけないのも事実。
たのむから、もうこれ以上、東京オリンピックのことでケチが付かないようにして欲しいと思う。
本来のスポーツ以外のことで、こんな風に、不愉快な話がどんどん出てくると、選手はもちろん、それをみる僕らも、気持ち的に盛り上がって行かない。
もっと、すっきり行かないものなのかな?「おもてなし」の名台詞で、招致が決まったとき、こんな、おかしな話がどんどん出てくるなんて、誰も、予想してなかったよ、きっと。
関係者の皆さん、しっかり頼みます。