時間外労働

残業代が出ないのは当たり前?

労働問題で残業に関することがあります。いわゆる残業代を支払われていない、残業代カットなどといった企業のやり方であります。残業してその残業した分の給与を支払うことは企業の義務であります。

しかし、この不景気であることを理由に残業代が出無いなどといった労働問題が現実に起こっているわけであります。この残業代が出無いということで労働基準監督署へ告知する方法がありますが、実際はしない方がほとんどであるのです。

管理職にも責任があります

その理由としては、世話になっている企業だけに言えない。残業代は出無いが会社が好き人間関係や社長が良いといったことがほとんどです。これらの理由で残業代が出無いということは自己的な理由に当てはまるわけであります。

しかし残業代請求をする際にはそれなりの覚悟が必要であります。残業代を請求してもその企業で務まるのかという点もあります。残業に関して企業相手に告知した方のほとんどがその会社を辞めております。それなりの覚悟が必要であります。

労働基準監督署への告知

そんな残業代請求をする際には、自分1人で労働基準監督署へ告知するやり方もありますが、かなり時間もかかり、裁判という方法にもなってしまう場合がありそれなりの費用がかかってしまいます。
もし、残業代請求を企業相手に行なうのならば弁護士をつけた方が良いです。それなりのアドバイスもあり自分1人では出来ない範囲の事まで行なってくれます。弁護士をつけることで有利になる場合があるのでもし、残業代に関する残業代請求を行うにはこの方法をオススメします。

こちらの記事もオススメ!