時間外労働

未払い賃金を巡るトラブル

一生懸命に働いている人へきちんと賃金を支払っていくという方向性は、当たり前の行為です。最近は景気の回復も見られるようになって、残業も多くなってきている企業もあって、残業代が支払われるような環境も構築されています。

その一方で、金額面でなかなか苦労している企業もあり、社員たちと綿密な話し合いをしていくといった方向性を取ることも必要になっています。基本的な内容からまずはじっくりと話し合うことも大切なのです。

残業代をカットした中小企業の例

それから、残業代カットという方向性を敢行したところも出ています。経営方針の良し悪しが大きく関与していくため、中小企業などでは致しかたないという結果のひとつでもあります。

また、カットした分をサービスに還元していくような動きというものが出てきているというのも確かであり、将来的な展望の方を重視していく傾向も見られます。いずれにしても、そこで働いている社員に納得してもらうという行為が大事な側面にもなるのであります。

作業量よりも効率

残業をすることで、翌日に疲労感を持ち越すということもあり得るのですが、体へのケアを社員が一丸になって取り組むことで、解決できたという素晴らしき事例もあるのです。
サラリーマンにとっては、オフィスで如何なく能力を発揮していくことが仕事のすべてあるので、常に高いモチベーションをキープできるよう、各々が工夫していくことも大切です。また残業を減らすことを問題提起することで、仕事の能率もアップしていくのです。

こちらの記事もオススメ!