深夜残業

会社経営と労働問題の関係

会社の経営者にとって考慮すべき問題として労働問題がありますが、中には突然行政機関から行政指導を受けるケースもあります。特徴として事前通告なしに行われることが多いので、調査対象となる会社の実態を調べることが出来ます。一般的に税務調査に比べると行われる確率が少ないですが、それでも全く行われないという訳でもないです。

そのため行政機関から指導を受けないためにも、労働基準法については誠実に守るようにすることがポイントです。労働基準監督署は労働基準法に基づいて結成されている機関であり、一般企業に対して抜き打ちで検査をすることが出来ます。調べる内容として労働問題や労働基準法に違反していないかを確認し、法律に触れているようであれば行政指導を行っていきます。

調べる行政官は労働基準法の専門家でもあるので、言われたとおりに行動することが原則となります。また通告を受けた会社側もこれを拒否することは出来ないので、その点については事前認識や理解が不可欠となります。

労働問題の専門機関は突然くる?

労働問題の専門機関は突然訪問することが多くなっており、異常が合った場合には通常では行政指導する流れが一般的となります。しかし経営者の中には開き直ったりケンカ腰になる方もいますが、これは逆に行政官の印象を悪くしてしまいます。実はこの行政官はただ調査をするだけでなく、特別司法警察員として自身の判断で経営者を送検出来る権限を持っています。それによって翌日のニュースや雑誌などで話題になることが多いので、可能な限り行政官の心証を損ねないように注意が必要となります。

こちらの記事もオススメ!