時間外労働

弁護士への残業代相談

残業代請求に関しての弁護士依頼では、やはり本人と会社とのやりとりでは感情論となる事もあり、冷静な話し合いを行う事が困難となります。そう言った中で仲介人として弁護士を立てる事はとても良い判断であり、手続きに際しても依頼する事により、代わりに行ってくれる事となります。

残業代請求の準備

勤めを行っている中でも、書類の提出や相談などもしっかりと応じてもらい、スムーズな手続きを踏む事も出来ます。相談は無料で出来る所もかなり多い様です。こうした残業代請求に関して依頼する事で裁判を起こす事や、直接企業と話し合う形となると、そこで請求を飲んでもらうケースもあったりする様で、その辺りは裁判まで行かなくても、示談が行える状況にもなります。

残業代の未払いは明らかに会社の責任となっていて、1日8時間以上の勤務や週40時間以上の勤務を行うケースでは必ず残業代を支払う必要があります。そこを踏まえて交渉を行う訳で、問題となる会社としても行政指導が行われる事となります。

労働基準監督署への相談

労働基準監督署などに相談を持ちかけて、会社の残業代の未払いに関して話す事も良い状況となります。これは法律に基づいて行われる事であり、勿論弁護士の方に動いてもらいながら、残業代請求を行う手立てとして、裁判以外の方法も視野に入れながら行う事が必要となります。
そこを考えて行くとやはり労働基準監督署での相談も効果のある方法であり、監督署から企業に対しての指摘を行ったり、調査をすると言った所まで話が進んでいきます。

残業代請求の弁護士相談窓口

千代田中央法律事務所では、残業代請求の無料相談を実施しております。未払い残業代の請求は、労働基準法により認められておりますので、問題なく請求可能です。心当たりのある方は、お気軽にご相談ください!