時間外労働

残業の種類

残業は時間外労働と法内残業という2つの種類にわけられます。労働基準法では原則的に、1日8時間、1週間で40時間と取り決められていますが、この枠を超えた残業のことを時間外労働といいます。

また、会社で定められた所定の労働時間は超えたが、労働基準法の労働時間の範囲内の残業を法内残業といいます。具体的にいうと、9時から17時の勤務で1時間の休憩が設けられている会社で20時まで残業したとします。すると17時から18時までは、会社の所定労働時間を超えているものの、法定労働時間は守られているので、法内残業になります。

ところが、18時から20時までは、法定労働時間をも超えているので、時間外労働になるのです。

残業代の計算方法

一般的に、残業代は計算して求めることができます。時間外労働の場合は、時間外労働の時間、先ほどの例で言うと18時から20時の2時間に、1時間あたりの賃金と1.25をかけることで求められます。

また法内残業の残業代は、法内残業の時間、先ほどの例で言うと、17時から18時の1時間に、会社で決められている就業規則の1時間あたりの単価で算出することができます。これにより計算した残業代がきちんと受け取れていない場合には、法律で請求することができます。

深夜労働の割増賃金

また22時から翌日の5時、つまり深夜に労働させられた場合は、深夜労働としての割増賃金を受け取ることができます。さらに深夜労働かつ時間外労働、つまり深夜残業の場合には、深夜残業の時間に1時間あたりの賃金と1.5をかけた式で算出される賃金を受け取ることができます。

さらにこれが法定休日である、休日の深夜残業だと、残業時間に、1時間あたりの賃金と1.6をかけて出た賃金を受け取れます。もしこれより少ない場合は、弁護士などに相談して請求することをおすすめします。

残業代請求の弁護士相談窓口

千代田中央法律事務所では、残業代請求の無料相談を実施しております。未払い残業代の請求は、労働基準法により認められておりますので、問題なく請求可能です。心当たりのある方は、お気軽にご相談ください!